乳酸菌は食品やサプリメントを上手に利用して継続摂取するのが大切です

体に良い乳酸菌ですが、不足しがちな人が多いですよね。

乳酸菌はヨーグルトやチーズ等の乳製品や納豆や味噌・漬物などの発酵食品に多く含まれています。

乳酸菌を効果的に摂取するにはヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が酸や熱にも強いので生きたまま腸まで届き善玉菌として健康に役立ってくれます。

またいつ摂取するかというのも大切なポイントで胃酸の分泌が少ない時に摂取するのが有効とされています。

国の規定では1日に必要な乳酸菌は1mlあたり100万個以上を含む乳酸菌飲料、もしくは、1mlあたり1,000万個以上含む乳製品を摂取することが望ましいとされています。

そして1度にたくさん乳酸菌を摂取しても効果は残念ながら得られません。

大切なのは継続的に続けていくことです。

特保マークが付いている乳酸菌飲料等は乳酸菌の数や質の両方とも信頼できるものなので、特保マークのついたものを意識して購入するのもおすすめです。

なかなか食品から摂取することが難しいならサプリメントを利用して乳酸菌を摂取するのも一つの方法です。

先に述べたように継続して摂取しないと効果が得られないので、サプリメントを利用する場合は続けやすい価格か、飲みやすい形状かなどを考えて購入しましょう。

http://www.a5-service.com/nyusankin.html
乳製品のアレルギーがあるとヨーグルトやチーズは食べられないので、他のもので摂る方法が必要となります。このサイトではアレルギーに対応する食品が紹介されていましたので参考になるかもしれません。

乳酸菌の効果的な摂り方

腸内環境を整えて健康に役立てるのに必要な乳酸菌ですが、発酵食品全般に含有されています。

現在確認されているだけでも250種類以上ともいわれ、それぞれ名前は違いますが、働きとしては似たような動きをします。

乳製品を発酵させたヨーグルトやチーズが有名ですが、これらは酸や熱に弱く、胃酸や胆汁で腸に届くまでにほとんどが死滅してしまいます。チーズやヨーグルト優れた栄養があう食品ですが、こと「乳酸菌の摂取」という観点からは効率のよいものではないのです。

これに対して納豆や漬物などの植物性の発酵食品は熱や酸に強く胃酸にもある程度は対抗してくれますが、やはり生で食べなければ過熱調理の段階で死滅してしまうので注意が必要です。

腸内環境の正常化を期待して乳酸菌を多く腸内に取り入れようとするならば、胃酸や胆汁の分泌の少ない状態を狙って摂取することが大切です。
胃酸は非常にお腹がすいている時などは食べ物を見ただけ、想像しただけ、匂いをかいだだけでも分泌します。

そして胃を満腹にし過ぎた時も早く消化しようと大量に胃酸を分泌しますので、一度食事を摂って、消化がひと段落した頃を狙って摂取すると胃酸の攻撃を受けにくくなります。

また喫煙や多量の嗜好品をとった時も胃酸は分泌しやすくなりますので注意が必要です。

昔の日本の農家などでお茶うけとして漬物をかじっていたのをよく見かけましたが、腸に乳酸菌を取り入れるという点では理に適っていると言えます。
最近では胃酸に影響されにくい人工的な乳酸菌などもサプリとして開発されています。

子供のアトピーについて

子供のアトピーは、気管支が弱く体調が悪くなると鼻炎になってしまいます。

風邪に似た症状になって鼻水がズルズルと出てきて止まらなくなってきてティッシュで鼻を咬ませています。

普段はあまり影響は少ないのですが疲れなどで体調が悪いと鼻炎になり、いつもくしゃみや鼻水に悩んでいます。
対策としてはやはり眠らせることや薬など飲ませるとよくなります。
続きを読む

子どものムダ毛処理は肌に優しい方法で行ってあげる

ムダ毛というのはいくつになっても悩むことですが、子どものムダ毛というのも悩んでしまいますよね。

親御さんが心配して気になってしまうこともあれば、本人が悩んでいるのに親には言えず、なんてこともあるかもしれません。

ですが子どものムダ毛処理なんてどうしたらよいかわからないと悩むこともあるでしょう。子どもの肌は敏感ですからいろいろと気をつけなければなりません。
続きを読む

牛乳や山菜を食べるとアレルギーでぶつぶつが!

うちの娘の場合は重症は食物アレルギーという訳ではありませんが、特定の食材の量をある程度多めに摂取してしまったりしすぎると食べた後から痒みがでてきてしまって結果蚊に刺された後のような大きなふくらみが数点体にでてきてしまったりします。

とっても痒みがあるようなのですが、1度かいてしまうともっともっとかゆみが出てきてしまうので治まるまで冷やしたりお薬をぬったりと大変になってしまうのです。
続きを読む

インフルエンザの大流行で学級閉鎖になりました。

子供の学校が、学級閉鎖になって全4日間の休みになりました。

学校がないと子供にとっては暇のようで、家でずっと本を読んでいるそうで、かなりストレスが溜っているように思います。

小学校の中には、学級閉鎖になっているクラスが4つほどあって、学校閉鎖になる確率もあると言われています。

学級閉鎖は、インフルエンザが原因なのですが、問題なのはインフルエンザにかかっていると分かっていなくて、子供が学校に来ていることが大流行に繋がるようです。

予防注射をしている人が大半で、子供に熱や症状がなくても、インフルエンザの菌を持ったまま学校に来るので、どうしようもありません。
続きを読む

アレルギーは長い付き合いになりそうです。

子供のアレルギーに困っています。

中学生の時に発症したのですが、ちょうど受験生になったころ、蕁麻疹が出るようになりました。

顔や首、お腹、内ももや、膝に蚊に噛まれたように、ポコポコと皮膚が盛り上がった蕁麻疹です。

初めはよくわからなかったので何か食べ物が合わなかったのかなと思って様子を見ていたのですが、しょっちゅう出るようになり、これはおかしいということで皮膚科を受診しました。

結果は慢性蕁麻疹ということで、特定の食べ物で出るとかそういったものではなく、本人のストレスや、体の疲れなどから出るものでした。
続きを読む

子供なのでまだサロンでの脱毛はしていません。

中学生の子供がいます。私に似て毛深くて足、腕の産毛が結構目立ちます。

小学生の頃はあまり気にしていなかったのに、中学生になってすごく気にするようになりました。

私ほど濃くないので、あまり気にしなくていいよ、と言っているのですが、そこはやはり年頃の女子、なんとかしようといつも顔そり用のシェーバーで剃っています。

特に足が気になるみたいで、しょっちゅうシェーバーをあてています。

やはり同性のチェックが厳しいみたいで、剃り残しの毛がないか、必死で見ています。
続きを読む

子供のアレルギーと給食

子供が食べ物のアレルギーを持っている場合、一番大変なのが給食です。

給食の献立表には、アレルギーの表記がされていますが、きちんと確認しておかないと子供さんが知らずに食べてしまうケースもあります。

そのため、給食は食べずにお弁当を毎日持参している子も多いです。

しかし、やはりみんなと同じ給食が食べたいと感じている子が多いのが事実です。
続きを読む