子供のアレルギーと給食

子供が食べ物のアレルギーを持っている場合、一番大変なのが給食です。

給食の献立表には、アレルギーの表記がされていますが、きちんと確認しておかないと子供さんが知らずに食べてしまうケースもあります。

そのため、給食は食べずにお弁当を毎日持参している子も多いです。

しかし、やはりみんなと同じ給食が食べたいと感じている子が多いのが事実です。

また、周囲から見れば一人だけ違うという事ですから、これがいじめの原因にもなりかねません。

アレルギーの項目の中で、沢山の人数がいるとされているものは、学校の給食で別メニューを提供するというようなところも多くなってきています。

これは、対応するのがとても大変ですが、小学校の給食でアレルギー対応をしている学校があるとされています。

食べ物のアレルギー以外にも、子供のアレルギーが増えています。

花粉症にかかる子供が多いです。またダニやハウスダスト、動物などのアレルギーも増えています。

やはり、免疫力等の低下や、食生活の欧米化は原因となっていると思います。

そしてストレスもアレルギーと関係がありますので、親が気にかけてあげることはとても大切なことだと思います。

アレルギーを発症してしまったら、お医者様と一緒に子供さんを支えてあげましょう。